エグゼクティブコーチングと高品質な英会話教室ならKADONA

リーダー育成コーチング&オンライン英会話

0000370369.jpg

HOME ≫ メールマガジン

メールマガジン
テーマ・感想お待ちしています。
メルマガ登録(無料)のお申し込みはこちら



最も充実した3つの立場

0000442147.jpg

「エグゼクティブコーチ×ワーキングマザー×経営者」としてのスタンス

 

筆者である私、門脇直子は普段組織のミドルマネージャーから経営者に向け、エグゼクティブコーチングをしています。
1対1でこのような立場の方と定期的にお話しする機会を設け、相手の目標達成をサポートする組織のシークレットサービスのような仕事です。

 

そして私は4歳の息子を育てるワーキングマザーです。
夫の仕事が激務なため、保育園への送り迎え含め、家事・育児全般は全て私が担当します。

 

さらに昨年4月に登記した株式会社KADONAの経営者です。冒頭に説明したエグゼクティブコーチングを主体とした事業ですが、他にも外国人講師が教えるオンライン英会話、インタビュー及び翻訳、セミナーなど幅広く運営しています。

 

私が起業した時に、専属のコーチからこんな質問を受けました。

「あなたはこの3つの立場をまっとうすることで、どんな思いで過ごしていたいですか?」

答えを1つに絞るのが難しかったので、それぞれのスタンスでまっとうしたいことがある、という答え方を出しました。

1つ目は、息子が健康に大きく育ってほしい、多忙である夫がせめて週末自分の時間を取れるように工夫してあげたい、という家族を思う気持ちです。

 

2つ目は、組織で働く1人ひとりの人間が、もっと楽しくイキイキと仕事ができるよう、管理職という立場の方のサブブレインになりたい、という思いです。
私はけして「エグゼクティブコーチング」というタイトルが欲しくてこの仕事を始めたわけではありません。
自分がかつてミドルマネージャーという立場で非常に苦労し、自分だけではマネジメントに限界を感じたことがコーチングのきっかけとなっています。

コーチングを取り入れた組織は、コーチングを受けた人が変化し、それが周囲の人間に変化を及ぼし、組織全体が変わっていくというダイナミックな広がりがあります。
だから目標に確実に、より速く、遠く届くのです。

コーチとしては、誠心誠意を持ったまっすぐな姿勢でいたいと思っています。だから大切なクライアントさんは家族のように大切に思っています。
緊急事態であれば、駆けつけますし、相手の成長を考えればどんなアクションでもとります。

成人しても人が他人の意見を取り入れ学んでいく姿を見守ることができる、というのは何にも代えがたい喜びです。私はこの職業がとても好きです。

 

3つ目は、雇われるという立場ではなく、経営するという立場で何事も自分事として捉え、責任を全て自分に引き付けるスタンスを取りたい、という思いです。
この1年で私の物事に対する姿勢はかなり変化しました。
自分の頭の中で考えた戦略を周囲に伝え、それを実現するために行動に移す。
簡単なフレーズに聞こえますが、常にアカウンタブル(主体的)な姿勢であり続けるのは実に難しい。
特に「行動に移す」という過程に一番ハードルを感じています。
それはマンパワーだけでなく、気力、モチベーション、女性であるという立場で世間との調整、人間関係など様々な要素が絡み合ってくるからです。

ただ、最終的には経営者として首尾一貫した行動がとれているか、これに尽きると思います。
自分を厳しい目で観察し、フィードバックを取りに行き、言動一致させる。

試練はこれからも沢山あると思いますが、それを越えていく楽しみを感じながら働ける経営者でいたいと思います。

 

 

今回は私コーチ自身のことや、考えを少し知ってもらうためにまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?
どのスタンスをとっても、私はまだまだ成長の伸びしろが沢山あり、修行を山ほど積む必要があります。
その道の先輩や、モデルになる人物に学びながらこれからも目の前に広がる大海原を進んでいきたいと思います。

 


 

コメント

KADONA

株式会社KADONA

【電話】
03-3870-5520

【事業内容】
企業及び個人へのコーチング
英語スキル向上に係るサービス

モバイルサイト

株式会社KADONAモバイルサイトQRコード

株式会社KADONAモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!