エグゼクティブコーチングと高品質な英会話教室ならKADONA

リーダー育成コーチング&オンライン英会話

0000370369.jpg

HOME ≫ メールマガジン

メールマガジン
テーマ・感想お待ちしています。
メルマガ登録(無料)のお申し込みはこちら



イベントレポート  3/11 今、経営者・リーダーが身に付けたい「質問力」

0000452698.jpg

【質問力であなたの能力が向上し、人間関係が良好になる】

 

先週の土曜日に行われた「質問力」をテーマにしたワークショップのレポートです。

 

 

 

今回のセミナーには異なる業界からリーダー職、経営者、またそれを目指す方、など様々な立場で活躍し、20代~50代まで幅広い年齢層の方にご参加いただきました。

 

たまたま隣に座った人とペアを組み、ワークをしていく流れになったのですがどのペアもかなり話が弾み、ワークを重ねるごとに「相手の価値観を知ることができた」などかなり深いところまでリーチできる方もいらしていました。

 

下記の流れに沿ってワークを進めていきました。

1.なぜ「人がついてくるリーダー」になるためには質問力が必要なのか?

 

2.質問をする前にやるべきファウンデーション作り

質問以前に質問ができるベースを作ることが大切

 

3.周囲に影響を及ぼす質問

的を外した無駄な質問を避け、鋭い質問をする技術

 

4.できるリーダーがしているセルフクエスチョン

有能なリーダーはどんな問いかけを自分自身にして生きているのか

 

5.良い質問を継続的に生むスパイラル

質問の宝庫はどこにあるか?

 

ワークの最後には、早速来週月曜から職場で共有してみたい質問をそれぞれ3つずつ考えることになり、それを本日の感想と共に発表していただきました。

 

「自分の質問の傾向にはどんな特徴があるのか理解できた。」

「質問の数を増やすことではなく、鋭い質問を数個投げかけ、相手に考えさせることが大切なのだとわかった。」

「ペアを組んだ相手と共感できることが沢山あった。共感し、聴くということだけでもかなり相手の本音を聞き出すことにつながるのだなと思った。」

「質問力がこんなに奥深いものだとは思ってもみなかった。もっと掘り下げることもできるのかな、と感じた。」

「もっとたっぷり時間をとってコーチングしてほしいです!」

「質問によって自分の考えが整理され、ブラッシュアップされていく感覚があった。」

「各社が抱える悩みは共通点が多いのだな、ということに気付きがあった。」

「新しい質問方法を考えたくなった。」

 

最後にコーチからのメッセージとして、「固定概念を捨て、今自分に問いている質問を見直しさらに新しい質問を考え投げかけることが、自分の成長と周囲への影響力を高めることになる」とお伝えしました。

また、鋭い質問はその場では答えが出なかったり、一時的に相手の感情を高揚してしまったりするが、人生の節目におき思い出し問い続けることになる、と思います。


 

コメント

KADONA

株式会社KADONA

【電話】
03-3870-5520

【事業内容】
企業及び個人へのコーチング
英語スキル向上に係るサービス

モバイルサイト

株式会社KADONAモバイルサイトQRコード

株式会社KADONAモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!