エグゼクティブコーチングと高品質な英会話教室ならKADONA

リーダー育成コーチング&オンライン英会話

0000373770.jpg

HOME ≫ インタビュー

インタビュー 内容は英語に翻訳し英語ページにも載せております。

アートスペース ココノカ

0000421533.jpg

北千住に古民家をリノベーションしたスペースを利用し、アート展示スペースを運営する学生団体があると聞き、やってきました。古民家の再活用がブームとなる中、その空間にアートを展示することでどういった効果があるのか、そこに関わる学生はどんなことを感じているのか、探ってみました。

 

・どういった経緯でココノカの運営を始めることになったのでしょうか?

初期メンバーが、ココノカの建物のリノベーションに関わっていた団体から「ギャラリー運営やってみない?」とのお声かけをいただき、「それだったらやれるかも、やりたい」という思いで3,4人のメンバーで始めました。その後LINEにある複数の美術学校グループ内で呼びかけ、現在の13人のメンバーが集まりました。

 

今年3月から本格始動し、4月オープンに向けて準備を進めました。初めの頃は展示スペースを使ってくれる人が集まらず、メンバー達の自己負担で運営していましたが、今は展示予定が埋まりつつあり、資金も集まるようになってきています。築75年の物件なのですが、古民家の良いところをそのまま活かして展示できるように工夫しています。

 

都内のギャラリーは利用料が高く、私たち学生の作品発表の場は多くないのが現状です。学生のために安い料金で展示・イベントができるスペースを貸し出す、また、何かやりたいことや試したいことがある人に使ってほしい、という目的で運営しています。もちろん地域とのつながりを作ることも強く意識しており、北千住に多く残る銭湯など地域にゆかりのある文化を紹介し美大生とのコラボレーションを実現するような企画、北千住の街を学生たちが撮影し、それをココノカで展示する写真展などもココノカ主催で開催しました。

 

メンバーは多種多様なスキルを持っており、リーダシップが得意な人、企画が得意な人、デザインができる人、物件修繕ができる人など、それぞれの強みを活かせる形にしています。クラウドファンディングも行い、集まった費用ではクーラーを設置することができました。

 

実際に運営し始めると社会人経験がないため、ビジネス運営の部分で試行錯誤する部分があります。また学校との両立という意味では、当たり前ですが思ったより大変でした。

しかしながら、全てにおいてココノカを運営してみてよかった、と感じています。例えば問題が起こったとき、視点が違う意見をどう取り入れていくか、社会に対してどう接していくと受け入れてもらえるか、ビジネスパーソンとして責任を取ることの重要さ、など日々勉強になることばかりです。

 

今は13人のメンバーすべてが代表という位置づけで、フラットな関係性で運営できるようにしています。メンバー間では普段の会話など運営以外の話もしたり、お互いの学校情報を交換したり、プライベートを知ることで友達や仲間という感覚も大切にしています。

 

 

・北千住という場所をどうとらえていますか?

親しみやすいです。東京なのに「東京東京」していないのがいいですね。例えば近所の方たちとも挨拶などのやりとりが普通にあったり、人の温かみを感じます。

一方、利用されていない古民家がまだ眠っているのが勿体ないと感じていますので、こういった形などで運用されていったらいいなと思います。

 

・多様なアートが存在する日本、アートの在り方をどう理解していますか?

所謂、“わかりにくい“ものが大学の中でも多く、写実のような作品を作っている人は少ないと思います。そういった作品が社会に出た時、受け入れてもらうのが難しく感じますね。「やっぱりスルーか」という感覚があります。

抽象表現などは素通りで、グラフィックなどわかりやすいところに行ってしまう人が多いです。

 

ただ「なんか色きれいだな、かっこいいな」「これ家にあったらいいかも」ということなど少しでも何か感じてもらえたら嬉しいです。

 

相対的にもっと大勢の人に見てほしいと思います。例えば、生活に近いカジュアルな音楽番組は多くあるのに対し、そういった美術番組は日本にほとんどありません。面白いことをやっているアーティストは沢山いますので、それをもっと気軽に知ってもらいたいです。

 

・実際に足を運んでくれたお客様からどのような反応が見られますか?

「こんなところにあるの、知らなかった」「また来ますね」「仕事帰りにふらっと立ち寄りました」など、とても嬉しい反応が多いです。地域の方はもちろんのこと、展示テーマやアーティストの繋がりから遠方よりお越し下さる方もいます。

 

 

・これからどんな取り組みをしていきたいですか?

ココノカを長期的に運営するために、後継者を探しています。できれば大学2年生主体で運用できる体制をつくりたいです。今のメンバーは、これから卒業制作や就職活動がありますので、そろそろ代替わりしたいな、と考えています。そのための募集企画をSNSで発信しています。もっと一般大学の方が入って下さると、すごく嬉しいですね。内部では仕事の整理をして、引き継ぎをスムーズにできるようにしています。

また自分達のアートを展示することにも力を入れたいです。

 

メンバーとはココノカだけで終わらない関係性であればいいですね。社会に出た後も、ここで構築した基盤や信頼関係を基に、何か困ったときすぐに依頼できる関係性を継続できれば、と思います。それぞれのメンバーの強みをお互いに吸収しあい、自分の能力として活かすことができればさらにいいと思います。学校というボーダーを超えて関わり、1つの目的をもって行動できることに喜びを感じています。

 

・最後に読者にむけてメッセージをお願いします。

何より見に来てほしいです!北千住にお越しの際はぜひ気軽に立ち寄ってください。

皆さまのお越しをお待ちしています。

 

https://kokonoka.localinfo.jp/

 


 

コメント

KADONA

株式会社KADONA

【電話】
03-3870-5520

【事業内容】
企業及び個人へのコーチング
英語スキル向上に係るサービス

モバイルサイト

株式会社KADONAモバイルサイトQRコード

株式会社KADONAモバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!